環境・社会活動 Responsibility

環境・社会活動

KIDS-シェフレポート

当日の様子
石川県能美市立浜小学校
2017年2月17日
今回で51回目となるKIDS-シェフは、
2017年2月17日(金)に石川県の小学校で開催されました。作った料理は、「石川の野菜とハムのゆず和え」 「まるで水族館!ブロッコリーのポタージュ」「石川県産 ブリのマスポンソテー」「加賀レンコンと赤井町の豚肉のピーマンファルシ」 「加賀丸芋と黒蜜の果物スィーツ」の5皿。
地元の食材をたくさん使っておいしく出来上がった料理に
みんな大満足でした。
  • シェフの紹介
  • 今回お手伝いいただいたシェフのみなさんです。
三國 清三
 オテル・ドゥ・ミクニ
山崎 隆
 レストラン山崎
塘 泰三
 ホテルマウント富士
滝本 将博
 ラ・ビオグラフィ
丸山 修司
 京都東急ホテル
藤谷 幸司
 レストラン キャプテン
◆協賛企業◆
 浅地産業株式会社

ご協力ありがとうございました!

地元食材

石川県には金時草や加賀丸芋などの加賀野菜や日本海で獲れる新鮮な魚など地元食材が豊富です。
今回は開催が2月ということもあり源助大根の入手は困難とされていましたが、地元市場にて入手することができ、使用することができました。
また魚料理に使うブリも開催日前日の漁で無事に入手することができ、当日はシェフによるブリをおろすデモンストレーションを行うことができました!

味覚の授業

最初は三國シェフによる味覚の授業です。
甘味、酸味、塩味、苦味の他に日本にはあと1つの味があります。
分かる人いますか?と、三國シェフ。
『はーい!』と元気よく答えていました。
味覚を感じる「味蕾」は12歳がピークになるため、この時期に
5味をキャッチして、五感を敏感にすることを目的として、
講義していただきました。

世界三大珍味の体験

世界三大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフの登場に
子どもたちからは歓声があがります。
生のトリュフを子どもたちが初めて食べての感想は・・・
「苦い・・・」「臭かった・・・」など素直な意見が出ました。
そのあと世界三大珍味を使用した料理がシェフから振る舞われます。生のトリュフを食べて顔をしかめていた子供たちも、
シェフの手で調理してもらった料理を食べて、
「おいしい!」とたくさんの声があがりました。

メニューの発表

自分たちで考えたメニューをシェフに発表します。
シェフを目の前にして子供たちも緊張しています。
料理の作り方だけでなく、使用する地元食材についてもしっかり調べ、発表を行いました。

調理実習

KIDS-シェフでは、片づけ含めきっちり1時間で仕上げます。
調理をしながら、洗い物をし、テキパキと真剣に進めます。
各班がきちんと協力しながら調理を進めます。
三國シェフからは「15分経過!」「あと30分!」と時間が
告げられます。

前菜班には滝本シェフにサポートしていただきました。
サラダの盛り付けは子供たち。
色とりどりの野菜を丁寧に盛り付けます。
仕上げに真ん中に花のような形をした生ハムを載せて完成です。

スープ班には山崎シェフ。
たっぷり大なべで全員分のポタージュを作ります。
スープはブロッコリーをベースに丁寧に仕上げました。
スープだけでなく、トッピング用に大根・にんじん・かぼちゃ等を魚型で型を抜いたりとチームワークよく進めていきました。

魚班には丸山シェフ。
デモンストレーションでおろしたブリの切り身を子供たちが
フライパンで焼いていきます。
シェフのサポートと子供たちの手際の良さで魚料理が一番早く
仕上がりました。

肉班は塘シェフ。
たっぷりの豚肉と加賀レンコン等を子供たちがしっかり混ぜ込み作ったハンバーグの生地をカットしたピーマン1つ1つ丁寧に
こんもりと詰めます。
人数分の肉詰めしたピーマンをフライパンでじっくり焼きます。
シェフとの連携でどうにか時間内に調理完了しました。

デザート班は藤谷シェフ。
三國シェフのアドバイスにより、黒蜜ソースにこしあんを加えました。
加賀丸芋でだんごを作る係・果物をカットする係などシェフの
サポートのもと、しっかり役割分担をして調理を進めます。

試食&講評

各班で調理したメニューをシェアし、子供たちのお皿にはフルコースが出来上がります。
どのメニューもおいしくて、すぐに子供たちのお皿はきれいになりました。
その後はドキドキの講評です。
先生方、シェフの方に点数をつけていただきます。
全ての班が見事100点!緊張気味だった子供たちの表情が一気に笑顔になりました。

修了証授与

100点をもらった子供たちに、三國シェフから全員のサイン入り修了証が手渡されます。
各シェフとも熱い握手を交わし、子供たちは誇らしげです。

完成

石川の野菜とハムのゆず和え

地元食材『金時草』『ブロッコリー』『人参』などたくさんの野菜を使用し、彩り鮮やかに盛り付け、中央に生ハムで花を作り、手作り『ポン酢ジュレ』で味付けをした1品。
子供たちが丁寧に手の込んだ盛り付けをしていること、手作り『ポン酢ジュレ』の味が高評価でした。

まるで水族館!
 ブロッコリーのポタージュ

子供2人の考案メニューのコラボ。加賀産『ブロッコリー』で作ったポタージュに魚型に抜いた石川県産の野菜を浮かべました。
能登島水族館を見ているように楽しんでほしいとの思いで作りました。
『ブロッコリー』でポタージュという斬新なアイデアに三國シェフからも高評価でした。

石川県産
 ブリのマスポンソテー

石川県で有名な『ブリ』をソテーにしてマスタードとポン酢でおいしく食べられるようにしました。
三國シェフからのアドバイスにより、付け合せに石川県産の野菜を使ったキャベツ野菜ロールを作りました。

加賀レンコンと
赤井町の豚肉のピーマンファルシ

地元である赤井町の豚肉で作ったピーマンの肉詰め。シェフと相談し、ハンバーグ生地の中に加賀レンコンを加え、食感にアクセントをつけました。
豚肉とレンコンの相性が抜群でシェフからも高評価でした。

加賀丸芋と黒蜜の果物スィーツ

加賀野菜の加賀丸芋と白玉粉で一口サイズのだんごを作り、石川県産のフルーツ等を使ったデザート。シェフのアドバイスにより黒蜜にこし餡を加えたソースをかけました。
普通はおかずに使う加賀丸芋でデザートを作るというアイデアと黒蜜ソースとの組み合わせが抜群だったことで高評価でした。

※ KIDS-シェフは株式会社ヤヨイサンフーズの登録商標です。