環境・社会活動KIDS-シェフをはじめよう

群馬県高崎市立南小学校 [2014年10月29日]

今回で49回目となるKIDS-シェフは、2014年10月29日、群馬県高崎市立南小学校で2クラス合同の58名で開催されました。高崎市立南小学校では、約1年間この日のために準備を行い、当日を迎えました。群馬県の食材をたくさん使ったフルコースがテーブルを飾りました。

シェフの紹介今回お手伝いいただいたシェフのみなさんです。

三國 清三オテル・ドゥ・ミクニ
山口 拓哉六本木ヒルズクラブ
江田 博一渋谷東急イン
宮下 純一富士ゴルフコース
宮崎 寛之ホテルマウント富士
藤條 雄大ホテルマウント富士
◆協賛企業◆関東食品株式会社

当日の様子

事前学習~メニューの発表まで

事前学習
高崎市立南小学校では、この日を迎えるにあたり、1年間かけて食材や料理についての下調べや、試作などの事前学習に取り組んできました。ずらっと貼られた資料から、今回のKIDS-シェフへの意気込みが感じられます!
地元食材
KIDS-シェフでは出来る限り地元食材を揃えるようにしています。スープ・魚料理・肉料理に使用した『国分にんじん』もそのひとつ。通常の人参の3倍以上の長さがあるのが特徴です。
味覚の授業
まず授業の初めは三國シェフから講義が行われます。
子供たちとコミュニケーションをとりながら、質問を交えながらの授業です。
1年間しっかりとKIDS-シェフに向けて学んできたので、三國シェフからの質問にも自信をもって元気いっぱい答えていきます。
世界三大珍味の体験
世界三大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフ。
次々に登場する高級食材に子供はびっくり!
見て、食べて、『本物の味』を体験します。
シェフが3つの食材をすべて使って1品作ってくださいます。
『生のトリュフは臭かった・・・』『いくらと同じような感じ』子供たちの素直な意見が飛び交います。
メニューの発表
自分たちで考えたメニューをシェフに発表します。
メニュー発表も練習を積み重ねてばっちり。
作り方だけでなく、料理を考えるにあたって工夫した点や、調理する意気込みなども交え、発表しました。
「群馬の良さを料理を通じて伝えたい」、「1年間がんばってきた成果を出したい」などの他、「三國シェフを驚かせたい!」なんて言葉もありました。。

調理実習

01
前菜班では手作りマヨネーズ。
マヨネーズは作ったことがないという子供たちでしたが、藤條シェフに教えていただきながら、完成させました。
野菜のソテーも1つずつ丁寧に行い、野菜の食感がうまく残っていてよいと評価いただきました。
02
宮崎シェフに教えてもらいながら野菜を切る子供たち。
家庭科の授業を教えている先生も、いつもよりみんな包丁の使い方が上手!と驚きの言葉。野菜を切る人、味付けをする人、チームワークよく7人で60名分以上のたっぷりの量のスープを作りました。
03
魚班では、まず江田シェフに大きなギンヒカリをさばいていただきました。
江田シェフの包丁さばきに子供たちは感激。
今回はホイル焼きの途中で電力がダウンしてしまうというハプニングもありましたが、おかげでちょうどよい蒸し焼きとなり、三國シェフから「レストランのランチでも出せる」と言われるほどの1品が出来上がりました。
04
山口シェフに教えてもらいながら、ハンバーグを完成させていきます。
牛100%ハンバーグなので、焼き加減が重要!シェフに見守られながら丁寧に焼きました。付け合せのポテトはチーズをかけて焼き色をつけ、人参グラッセも添えて、本格的な1品です。
05
宮下シェフと一緒に1枚1枚丁寧に焼いたクレープ生地で、秋の食材を包んでいきます。三國シェフからのアドバイスで、生クリームにカスタードクリームを加え、風味豊かにしました。最後にはチョコで書いた「Gunma」という文字とブルーベリーソースでプレートを飾りました。

保護者参観~修了証授与

保護者参観
今回は、教室の様子を中継し、保護者の方にみていだきました。
60名近くの保護者の方が集まり、子供たちのがんばりを別室から見守りました。
大先輩からのお言葉
今回のKIDS-シェフに協賛いただきました関東食品株式会社の深尾秀夫会長は、昭和12年の高崎市立南小学校卒業生。そんな大先輩からも、「1年間通して学んでいることが伝わった。関心した。」とのお言葉をいただきました。
70歳以上歳の離れた大先輩の登場に子供たちもびっくりしていました。
試食&講評
先生方や関東食品の深尾社長、各シェフより講評をいただきました。おいしかったとの言葉が出ると子供たちから歓声がおこります。
そんな子供たちの様子を見た関東食品深尾由美子社長からは「おいしいという言葉はうれしいもの。是非これからはお母さんたちに伝えてあげて」との言葉がありました。
三國シェフからは味はもちろん、片づけもきれいにしていたところが素晴らしいとお褒めの言葉をいただきました。
修了証授与
どの料理も100点!三國シェフからすばらしい評価をいただいた子供たちには、今回ご協力いただいたシェフ全員のサインが入った修了証が送られます。
「今日からは味がばっちりわかるようになったので、今度はみんながシェフの弟子として、教えてあげましょう」と書かれた修了証をもらった子供たちは、 シェフ全員と握手を交わしました。

完成

今回調理したメニュー

01前菜上毛三山プロヴァンサル

『下仁田ネギ』、『国分白菜』、『沼田きのこ』群馬県の特産品を使用した前菜です。
三國シェフからのアドバイスでトマトと手作りマヨネーズソースを加え、彩りもよく仕上げました。

02スープ群馬の野菜たっぷりスープ

『国分にんじん』が入ったスープ。『粒こんにゃく』もこんにゃくの有名な群馬ならではの食材で、三國シェフも絶賛。
トマト、じゃがいも、レタスも加わり、見た目も華やか。最後加えたチーズが味のアクセントになっています。

03魚料理群馬名産~ギンヒカリ 塩レモンのパピヨット~

最高級ニジマス『ギンヒカリ』をホイルで包みました。
今回はオーブンの代わりにフライパンとホットプレートで調理しましたが、皮はパリッと、身はしっとりと仕上がりました。

04肉料理三ヶ国(日・独・仏)のハンバーグ

群馬県のブランド牛『上州牛』で作ったハンバーグ。牛肉100%のハンバーグは固くなるのではとの心配を見事に裏切り、おいしく仕上がりました。三國シェフから伝授いただいたソースで一流の味に仕上がりました。

05デザート秋のGunmaクレープ

クレープの中には柿・梨・栗。料理名の通り秋を感じさせるデザートです。クリームとの相性もよく、三國シェフからは 「シンプルだからこそ、さわやかな仕上がりになっていてよい。」との言葉がありました。

※ KIDS-シェフは株式会社ヤヨイサンフーズの登録商標です。

子どもたちの声

KIDS-シェフに参加した子どもたちの声をご紹介いたします!

KIDS-シェフに参加した子どもたちの声
  • 自分たちで作った味はどのクレープよりもおいしく感じました。

  • 今日まで時間をかけて活動に取り組んできたおかげで、みんなに笑顔で「おいしい」といってもらえたことがとても嬉しかったです。

  • 家でつくるよりおいしく出来ました。

  • いろんな人と協力して作った料理は、何よりもおいしく感じられました。

KIDS-シェフへのご参加、
ありがとうございました!!

環境・社会活動