環境・社会活動KIDS-シェフレポート

茨城県鉾田市立旭西小学校 [2017年11月16日]

KIDS-シェフレポート 熊本県益城町立津森小学校

今回で52回目となるKIDS-シェフは、2017年11月16日(木)に茨城県鉾田市立旭西小学校で開催されました。作った料理は、「色どりやさいのさわやかサラダ」「肉団子とキャベツのコンソメスープ」「鯛のアクアパッツァ(七五三)」「チーズのカメレタスハンバーグ」「ハートのミニどら焼き」の5皿。地元の豊富な食材をたくさん使っておいしく出来上がった料理にみんな大満足でした。

シェフの紹介今回お手伝いいただいたシェフのみなさんです。

三國 清三オテル・ドゥ・ミクニ
赤松 健二ピノロッソ
塘 泰三ホテルマウント富士
江田 博一渋谷東急REIホテル
白幡 健渋谷エクセルホテル東急
藤谷 幸司レストラン キャプテン
◆協賛企業◆ウルノ商事株式会社

当日の様子

事前学習~メニューの発表まで

地元食材
茨城県には常陸牛やローズポーク、太平洋で獲れる新鮮な魚や鉾田市で獲れる玉葱、人参、白菜など地元食材の宝庫です。
今回は11月開催ということでイチゴの調達は困難でしたが、地元農園にて入手することができ、無事にデザートを作ることができました。 また魚料理に使う鯛も地場産を調達し、当日はシェフによる鯛をおろすデモンストレーションを行うことができました!
KIDS-シェフレポート 地元の食材
味覚の授業
最初は三國シェフによる「味覚の授業」が行われます。
子どもたちへ質問を交えながらの授業です。甘味、酸味、塩味、苦味の他に日本にはあと1つの味があります。分かる人いますか?と、三國シェフが質問します。子どもたちは緊張しながらも一生懸命答えていました。
味覚をキャッチする「味蕾」の数は12歳でピークになること、その時期に5味をキャッチして、刺激することで脳が活性化し感性が豊かになることを学びました。
KIDS-シェフレポート 味覚の授業
世界三大珍味の体験
世界三大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフを子どもたちの前に出すと初めて見る食材にみんな驚きました。 三國シェフから生のトリュフを味見するように言われて子供たちは恐る恐る匂いを嗅いだり味見をしてみたり・・・子どもたちからは「苦い・・・」「臭い・・・」など意見が出ました。
その後に世界三大珍味を使用した料理がシェフから振る舞われます。シェフが調理したメニューを食体験することで「生のトリュ フとの違い、焼いた事で香りや味が変わること」等を実感してもらいました。子供たちからも、「キャビアおいしい」「フォアグラやわらかい」「トリュフいい匂い!」とたくさんの声があがりました。
KIDS-シェフレポート 世界三大珍味の体験
メニューの発表
自分たちで考えたメニューをシェフに発表する時間です。
料理の作り方だけでなく、学校で学んだ地元食材についてもしっかり調べて発表しました。鉾田市や茨城県は日本一の食材がたくさんあることを初めて知ったという子どもたちも多く聞こえました。
KIDS-シェフレポート メニューの発表

調理実習

01
KIDS-シェフの調理は各班に分かれて行います。
「片づけを含め1時間で終わらなければ失格、ケガをしても失格」と三國シェフからの言葉とともに調理開始です。 子どもたちとシェフのチームワークで時間内に調理を進めます。
KIDS-シェフレポート 調理実習01
02
前菜班には塘シェフにサポートしていただきました。
自家製のマヨネーズ作りにも挑戦しました。みんなで丁寧に生ハムを使って県花のバラを作り、仕上げにサラダの真ん中に飾って完成です。
KIDS-シェフレポート 調理実習02
03
スープ班には江田シェフにサポートしていただきました。
大きな鍋で鶏がらを炊いてコンソメスープを作ります。そして地元食材の鉾田市産の野菜とローズポークを混ぜ込んだ肉団子をみんなで手際良く作りました。
KIDS-シェフレポート 調理実習03
04
魚班にはイタリア料理ということで赤松シェフがサポート。
デモンストレーションでおろした鯛の切り身をシェフのサポートのもと、子供たちがフライパンで蒸し焼きにしていきます。ブロッコリー、パプリカなど色あざやかな野菜を子どもたちが丁寧に盛り付けました。
KIDS-シェフレポート 調理実習04
05
肉班は白幡シェフにサポートしていただきました。
カメの頭・体・足・尾の部分をすべてハンバーグで作るため時間との勝負です。それぞれ大きさの違うハンバーグをシェフと子どもたちのチームワークにより時間内に仕上げることができました。
KIDS-シェフレポート 調理実習05
06
デザート班は藤谷シェフにサポートしていただきました。
みんなから注目された鉾田市産のフレッシュイチゴを使ってカスタードクリームを作ります。どら焼き生地を焼いて、生地の上には「旭」の文字を子どもたちとシェフで上手に書けました。
KIDS-シェフレポート 調理実習06

試食~修了証授与

試食&講評
調理後はシェフの皆さんや先生と一緒に試食です。
各班のメニューをシェアして子供たちのお皿にはフルコースが出来上がります。どの料理もおいしくて子供たちは満面の笑みをうかべながら試食しました。
三國シェフからは「手作りマヨネーズと野菜を混ぜたのは色合いが良かった」「スープは上品な味わいだった」「ハンバーグにチーズを挟んだのはナイスアイデア」など講評をいただき、全ての班に100点満点の評価をいただきました!
KIDS-シェフレポート 試食&講評
修了証授与
今日1日がんばった児童には、6名のシェフ直筆サインの入った修了証が手渡されました。 何故か最後には担任の先生まで修了証を頂きました!?皆さんおどろきでした!
KIDS-シェフレポート 修了証授与

完成

今回調理したメニュー

01前菜色どりやさいのさわやかサラダ

鉾田市産野菜の上に自家製マヨネーズで作ったポテトサラダを載せ、生ハムで作った県花のバラを飾ったサラダ。見た目の色取りも鮮やかでボリューム満点。自家製マヨネーズで作ったポテトサラダの色合い、きれいに飾ったバラが高評価でした。

KIDS-シェフレポート 今回調理したメニュー01
02スープ肉団子とキャベツのコンソメスープ

鶏がらを炊いてコンソメスープを作り、鉾田市産の野菜とローズポークで作った肉団子を浮かべたスープです。 野菜、肉団子と具だくさんの一品です。三國シェフからも上品な味わいとのことで高評価でした。

KIDS-シェフレポート 今回調理したメニュー02
03魚料理鯛のアクアパッツァ(七五三)

地場産の鯛をアクアパッツァ、ジャガイモ(マッシュポテト)・ブロッコリー・パプリカで色鮮やかに盛り付けました。三國シェフからのアドバイスにより、蒸し煮用の出汁は昆布とかつおでとりました。

KIDS-シェフレポート 今回調理したメニュー03
04肉料理チーズのカメレタスハンバーグ

地元食材の常陸牛とローズポークの合挽き肉ハンバーグです。 カメの頭足尾部分のハンバーグはレタスで包み、体の部分はチーズ入りです。シェフの提案で顔にまつげと口を海苔で付け可愛らしいカメになりました。全体的に可愛らしいと三國シェフからも高評価でした。

KIDS-シェフレポート 今回調理したメニュー04
05デザートハートのミニどら焼き

ハート形に焼いた生地の間にカスタードクリームと鉾田市産フレッシュイチゴを挟んだどら焼きです。生地には学校の名前にある「旭」の文字をチョコペンで書きました。手作りのカスタードクリームと地元のイチゴの組み合わせが抜群だったことで高評価でした。

KIDS-シェフレポート 今回調理したメニュー05

※ KIDS-シェフは株式会社ヤヨイサンフーズの登録商標です。

子どもたちの声

KIDS-シェフに参加した子どもたちの声をご紹介いたします!

KIDS-シェフレポート 子どもたちの声
  • 小学校生活の最高の思い出になりました。

  • 間近で魚をさばくところを初めてみました。

  • 家でも実際に作ってみたいと思いました。

  • KIDS-シェフをやったおかげで料理をするのがもっと楽しくなりました。

  • とてもかわいくて食べるのがもったいないくらいでした。(肉料理班)

KIDS-シェフへのご参加、
ありがとうございました!!

環境・社会活動